水温む、と言う季語があるが 水路には春先から水が大量に流される。 「イメージ」としては「濫觴ーらんしょう」を思い描いていたが 観念的になりすぎたのと、つまりは水面の描写ができなかった という失敗作でした。(汗)