久しぶりにスケッチをした現場に行ってみたら
この古いコンクリートの建物はなくなっていた。

なんでも「古ければ絵になる」と言うわけではないが
時間を経てきたものには独特な詩情が漂う。

その「詩情」が自分の中の何かと響いたときに
絵にしてみようと思う。