カテゴリー「文化・芸術」の記事

2015年6月 2日 (火)

白象に遭遇しました。

白い像が初夏の日差しの中で輝いていました。

近くでよく見ると象ではなく「象の像」でした。


某月某日春日井市内某寺での一コマ。
その迫力はなかなかのものでした。

さっそく「街中どうぶつ園」に登録しました。

3_1_4


2015年4月29日 (水)

今年はひつじ年だったのだ

毎年11月くらいから来年の干支が気になります。

これからさわやかな5月を迎えようというとき、なぜ干支なんだと疑問に思っている方、しばらくお耳を拝借します。

Hitujiss

忘年某月某日の羊
この羊の画像の羊は作り物です。ンなものみりゃ分かるといわれそうですが、リアルな表情がいいですね。

ことしは12月の31日まで羊です。そして来年2016年は申(さる)です。おそらくカレンダー屋さんや干支の置物を作る陶器屋さんはとっくに準備に入っているでしょう。
絵を描くのが好きな方は年賀状のイラストをせっせと描いているころかも。もう募集をしているのかな。

早めがいいよとはいうものの、真夏に真冬のあれこれを考えるのはなかなか微妙なものがあります。

20156_4

こちらはカレンダー用に描いた羊。今年はまだ8か月もあるのだから、もう少し羊さんを話題に取り上げてもらいたいものです。

変ですかね?

2013年8月23日 (金)

クモ男(○パイダーマン)発見!かな?

20130720_supaidama
ビルの壁にあの○パイダーマンが・・・

ビルからビルへとよじ登り?

あんなに派手なコスチュームで侵入しては

すぐにばれますって。

アート度30% コスプレ度50% 注目度20%といった所でしょうか。

少しだけどきどきさせてくれてありがとう。

2013年5月 6日 (月)

赤レンガのトンネル群で

GWは赤レンガのトンネル群でスケッチザンマイでした。

マイボトルにホットコーヒーをたっぷり、おにぎり3ヶ、ポケットライト、厚底シューズ、帽子。
いつもの準備をして、午前10時のオープン前につかねばとJRに乗り込む。

もちろん画材も忘れずに。

気候もよく、新緑に囲まれた土岐川の河原でのスケッチは心が洗われるようでした。


透明水彩 26㎝×18㎝ アルシュ紙


トンネル入り口には廃線になってから生えてきた木が何本も育っています。


Meigitonneru1_6


その他のカテゴリー

水彩画パステル画のアトリエmizu

無料ブログはココログ

アトリエmizu

22アトリエmizu 風景水彩画

  • 2517
    作品の大小や技法など取り混ぜてのアップです。

VanBon会 クリオネ 点描画 他 koba さん

  • 緑のガラス花瓶
    会員の力作点描画です。 緻密でナチュラルなテイストは ジワッと心に届きます。

28アトリエmizu枯葉の輝き

  • A_3
    小品ばかりですが、一枚一枚の葉が発する 命の輝きに魅せられます。

27アトリエmizu 博物誌

  • Kai_1
    たとえ一瞬垣間見ただけのものでも 強い印象を残して眼前を通り過ぎていった 命の姿。 鮮やかな記憶が色褪せぬまに、と 手近な画材で記録しました。

29アトリエmizu モノクロ

  • 老木
    白と黒の濃淡で表現をしてみる。 たとえ色が無くても奥深く幅広く 無限と言ってよいほどの世界が広がっていく まだ入口に立っただけ

30アトリエmizu Work 

  • 演劇ポスター 劇団碧亭
    ロゴマークなど

2012.7.5アトリエmizu「岳」個展

  • Photo_7
    「Cafe du Refuge 岳/カフェ ド ルフュージュ ガク」さんでの個展の作品と、従来の信州・長野県内の風景です。 「岳」は山が好きな人たちの集まる店で、 宮崎駿アニメのグッズが並び、手作り作品があり、 市内外のアーチスト情報があり、 近隣で採れた野菜があったり、 熱々の焼きカレーと何より心安らぐコーヒーの香りが あふれるお店です。 このお店の空気に浸っていると 体の芯からくつろいでしまいます。 これもオーナー夫妻あっての「岳効果」でしょうか。 そんなわけで店OPEN以来おじゃましています。 今回の展示の中に以前「岳」に出品したものも有るかもしれませんがその辺はよろしくお願いします。