« 今年の重大ニュース | トップページ | 第5回VanBon会展 好評のうちに終了しました »

2012年5月 3日 (木)

明治時代のトンネルを歩く

毎年春と秋に一般開放される旧国鉄の
廃トンネル群を歩いてきました。
といっても目的はスケッチ。


新緑を見ながらのウォーキング
土岐川を眼下にして昼食のおにぎり弁当

春はウグイス秋は青空に舞うとんびとモミジの巨木

愛岐トンネル群保存再生委員会という
NPO法人の皆さんが手弁当で整備をされ
TVや新聞で案内されるたびに大勢の人が訪れ

いまや、春日井市の目玉プロジェクトといっても
よいくらい。

昨年の秋は気温のずれからか
「青いモミジの大木」を描いてきました。
今年は4号トンネル春日井入り口をスケッチしました。

 20120427_a_3


画像は右下に土岐川左にはトンネル。
人はまばらですが
閉鎖時間が近くなると係りの方が追い出しにかかります。

水彩スケッチはそのうち個展で披露します。

« 今年の重大ニュース | トップページ | 第5回VanBon会展 好評のうちに終了しました »

水彩画・パステル画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1365979/45113453

この記事へのトラックバック一覧です: 明治時代のトンネルを歩く:

« 今年の重大ニュース | トップページ | 第5回VanBon会展 好評のうちに終了しました »

水彩画パステル画のアトリエmizu

無料ブログはココログ

アトリエmizu

22アトリエmizu 風景水彩画

  • 2517
    作品の大小や技法など取り混ぜてのアップです。

VanBon会 クリオネ 点描画 他 koba さん

  • 緑のガラス花瓶
    会員の力作点描画です。 緻密でナチュラルなテイストは ジワッと心に届きます。

28アトリエmizu枯葉の輝き

  • A_3
    小品ばかりですが、一枚一枚の葉が発する 命の輝きに魅せられます。

27アトリエmizu 博物誌

  • Kai_1
    たとえ一瞬垣間見ただけのものでも 強い印象を残して眼前を通り過ぎていった 命の姿。 鮮やかな記憶が色褪せぬまに、と 手近な画材で記録しました。

29アトリエmizu モノクロ

  • 老木
    白と黒の濃淡で表現をしてみる。 たとえ色が無くても奥深く幅広く 無限と言ってよいほどの世界が広がっていく まだ入口に立っただけ

30アトリエmizu Work 

  • 演劇ポスター 劇団碧亭
    ロゴマークなど

2012.7.5アトリエmizu「岳」個展

  • Photo_7
    「Cafe du Refuge 岳/カフェ ド ルフュージュ ガク」さんでの個展の作品と、従来の信州・長野県内の風景です。 「岳」は山が好きな人たちの集まる店で、 宮崎駿アニメのグッズが並び、手作り作品があり、 市内外のアーチスト情報があり、 近隣で採れた野菜があったり、 熱々の焼きカレーと何より心安らぐコーヒーの香りが あふれるお店です。 このお店の空気に浸っていると 体の芯からくつろいでしまいます。 これもオーナー夫妻あっての「岳効果」でしょうか。 そんなわけで店OPEN以来おじゃましています。 今回の展示の中に以前「岳」に出品したものも有るかもしれませんがその辺はよろしくお願いします。